人に気づきを与え、より良いものを創発する。自動化して生み出すのはナンセンス。

世界初の「1兆ドル長者」はAI産業から生まれる —— マーク・キューバン

https://www.businessinsider.jp/post-1291

今日はビジネス・インサイダーの記事からです。

キューバン氏は自分の考えについて、以前にも「一般教養がキャリアにおける成功の鍵」と語っている。お金の出入りについて学ぶよりも、今後数十年は「批判的思考と問題解決能力」の方がはるかに重要になってくると彼は考える。
キューバン氏は当時、「今は会計士になりたいとは思わない。それよりも哲学を専攻したい」と語る一方で、コンピュータ・サイエンスを学ぶことの重要性についても触れており、「今何を学んでいるかにかかわらず、ディープラーニングニュートラルネットワークのような新しいAIに関連した技術についても追いついていかなければ、いずれは取り残され負けてしまうだろう」と付け加えている。

そうそう、私達がやっていることもリベラルアーツxAIなんですね。だから教養がなく、ただ売るためだけの解析とかあんまり意味がないし興味もなかったりします。

それよりも人を幸福にするために、喜んでもらうためにAIを利活用して物語をより高度に洗練させていきたいと考えていますし、実際に作っている最中です。

よく誤解されがちなのですが、自動化してくだらないものを量産するシステムじゃありません。
人に気づきを与え、洗練されたものを生み出してほしいという願いで作っています。

まずは、素人が70点取れて読ませるものを作ることに今は注力しています。
プロが100点、120点を目指して努力するのは当然としても、その30点差は中々埋めるのは難しい。
(努力でカバーできる範囲と才能でカバーされてしまう範囲があるので)

ならば、まずは70点目指してみましょうと。そして、編集者の役割のごく一部ですが、サポートできればと考えている、それが我々のサーヴィスです。