コアコンピタンスとバリュー

さて、私も含めてマーケットチェンジしたいと考えている人は多いと思います。

ところが、マーケットチェンジした時に、何をコアコンピタンスとして、何がValueになってが混乱してしまうということが往々にして起きます。

マーケットチェンジのよい所は、toBで培った固めのノウハウtoCでどう活かすのか、はたまたtoCで培ったスピード感とデザインセンスをどう活かすのかという事なんで、その領域毎に求めているスキルを補完出来る訳です。

所が、段々その世界ににいると毒されて来て、あれ、俺たちの強みって何だっけ?というか、顧客に言われた事が全てになりがちです。

でも、実際はそうではありません。

機能要件の一部は顧客の要望通りだと思いますが、それを決めるのは作り手側である私たちです。

価値は顧客が決めますが、機能性能は作り手が決めます。

つまり、そこを忘れてはいけないわけです。

デザインがValueなのにダサく作ってはいけないのです。

安定感があったシステムがダウンばっかりしてはいけないのです。

違う業種業界からその領域に来たとしても、根っこはぶれない、それまでの経験を活かすという事を忘れてはいけません。

ということで、私は堅く堅く行くと思います。