Management

何もなくても生み出せる。だから一歩踏み出そう。

僕らは事実、お金が無くてもサービス出来た。ホント強引かつ、暴風雨のように。サービスとコンテンツを短期間で横暴かつ狡猾に作っていった。知恵と勇気を振り絞れば人も巻き込めるし、熱量の高いユーザーも獲得できた。小口ではあるが少しづつ集めることも…

突破すべきはソリューションビジネス依存じゃないかな?

突破せよ日立!創業以来最大のビジネスモデル転換は正念場 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00010007-newswitch-ind&p=3 2016年春、日立は「フロント強化特別研修」と呼ぶ新たな人材育成プロジェクトをスタートさせた。注目は講師役の人選。商社…

10,000時間の法則

いま計算したのですが、10,000時間の法則ってあるじゃないですか。あれって1年だと、 24時間 × 365日 = 8,760時間 - 10,000時間 = -1,240時間 実は1年では10,000時間まで1240時間足りません。 では、1240時間って何日間かというと、 1,240時間 / 24時間 =…

社長として考え方を変えたこと

ここ最近、ブログの更新をしておりませんでしたが、これは仕事へのスタンスを変えるタイミングでしたので、様々なことを考えておりました。 心持ちを変えたというのが大きなところです。 特に何を変えたのかというと、そもそもの会社を辞めて独立した意味を…

コアコンピタンスとバリュー

さて、私も含めてマーケットチェンジしたいと考えている人は多いと思います。 ところが、マーケットチェンジした時に、何をコアコンピタンスとして、何がValueになってが混乱してしまうということが往々にして起きます。 マーケットチェンジのよい所は、toB…

なぜこのタイミングで起業なのか

川合です。 ネタ出しが段々大変になってくるのでリアクション型に変えたいと思っていますが、知名度が低いのでもっと後棚とか思っている今日この頃です。 さて、良く何やるの?なんでやるの?と聞かれるのですが、もうこれは運命の導きとしか言いようが無く…

ネットバブル崩壊とロイヤルティの向上

かなり古い話なのですが、1990年代後半から2000年代前半に発生したネットバブル崩壊について勉強しておりました。 その時の教訓から、現在は大分投資の仕方が変わったり、Googleのような検索広告ビジネス等のもっと目に見えないものを売るビジネスに投資が進…

カッコいいこと言ってもしゃーない

いつかはUOMOの表紙を飾ってみたいです。 冗談はさておき、人間生きるという事においてカッコ付けても良い事は一切無いという事ですね。 寧ろかっこわるいぐらいに泥臭く生きた方が良いと思うぐらいです。 人間そんなに孤独に生きられない。 でも、これはポ…

デザインというものにもう一度向き合う

イノベーションを生み出す力を身につけるための教室は、フレキシブルで、空間にもこだわりがあった。【スタンフォード大学d.school編】 先日バズっていた、スタンフォードのdスクールの記事を読んで、デザイン思考のデザインっていうものが本当の意味でちゃ…

まずはユーザファーストだけを考える

本日は、渋谷の某スタートアップ関連の企業さんへ伺っていました。 やはり、人の話を聞くという事はすごく大切ですね。 私が知らなすぎというか気がつかなさすぎなのかもしれませんが、気付きが本当に多い1時間でした。頂いた事項を元にブラッシュアップして…

マーリンは何処にいる?

題名のマーリンとはご存知の方も多いとは思いますが、賢者(隠者)マーリンです。アーサー王と円卓の騎士に出てくる、アーサー王を導くメンターのような魔法使いです。スターウォーズではオビ=ワン・ケノービやヨーダがそれに当りますし、ドラゴンボールで…

ジーニアスはどこにもいて、どこにもいない

知人が運営している、ログミーと言うサイトからの引用です。 「すべての才能は借り物」 ベストセラー作家が生みの苦しみの末にたどりついた、”天才”の正体 合理的人文思想が芸術家たちを殺してきた この考えは、長らく西洋に浸透していましたが、ルネッサン…